独立支援 独立支援プログラム

独立支援プログラムとは

農業技術の習得から独立後まで、新たに農業を始めたい人を全面的にバックアップする総合プログラムです。多くの新規就農者がこのプログラムから独立を果たしています。

独立を果たした先輩たちの姿をご覧ください。
  • 第1期生・山田広治物語「国際貢献から農業へ」
  • 第3期生 矢口岳夫物語「人間どこでも生きられる」
  • 第4期生 塚本佳子物語「不屈の精神で全力疾走」
  • 第5期生 深川知久物語「IT産業から農業へ」
  • 第3期生 矢口岳夫物語「軽やかに農業」
  • 第10期生 伊藤寿樹物語「本物の本気を出して」
  • 第12期生 山田孝達物語「耕した夢を叶えて」
  • 第14期生 牛久保智史物語「“雇われない”生き方をめざして」

独立支援プログラムの概要

野菜くらぶ生産者農家で、1年以上研修する。

研修後は、会社を設立し、独立する。

会社設立のための資金は、独立する人50%、野菜くらぶ側50%とする。

販売先は、野菜くらぶが確保する。

独立後、野菜くらぶが販売面、経営面、人事面、技術面で、全面的にバックアップする。

契約書をかわし、お互いの責任を明確にする。

  • 独立支援プログラムを始めた理由
  • 独立までの流れと参加申し込み
  • 「野菜くらぶ」と「研修生」お互いの責任
  • 研修規約書
  • 業務契約書

これまでの研修生

氏名 研修開始 研修後の状況 関連ページ
第1期生
山田広治
H13年1月

H14年2月独立し、(有)サニタスガーデン設立。青森にて、レタスを生産。

[独立ストーリー]
国際貢献から農業へ
第2期生
向山耕生
H16年4月

H19年5月、㈱サングレイス入社。
静岡にてトマト生産を開始。

[産地物語]
ラテンのリズムで駆け抜けろ!
第3期生
矢口岳夫
H17年5月

H18年4月独立し、(有)グリーンマイスター設立。
H20年より青森にて、レタスを生産。

[独立ストーリー]
人間、どこでも生きられる
第4期生
塚本佳子
H17年9月

H20年8月独立し、(株)やさいの樹設立。
静岡にて、主にレタスを生産。

[独立ストーリー]
不屈の精神で全力疾走
第5期生
深川知久
H19年1月

H21年9月独立し、(株)ソイルパッション設立。
静岡にて、主にレタスを生産。

[独立ストーリー]
IT産業から農業へ
第6期生
野元悠太
H19年1月

H21年9月独立。
前橋にて、ほうれん草、小松菜を生産。

[独立ストーリー]
軽やかに農業
第7期生 H20年9月

自己都合により研修終了。

第8期生
小山大輝
H21年4月

野菜くらぶ生産者のもとで農業従事。

第9期生
舘政育光
H21年5月

野菜くらぶ生産者のもとで農業従事。

第10期生
伊藤寿樹
H21年7月

H23年1月独立し、(株)Green Bear設立。
群馬にて、主にレタスを生産。

[独立ストーリー]
本物の”本気”を出して
第11期生
H22年11月

自己都合により研修終了。

第12期生
山田孝達
H23年4月

平成24年8月に群馬にて就農予定。主にニラを生産。

第13期生
須藤崇
H24年2月

群馬でレタス栽培研修中。青森で就農予定。

第14期生
牛久保智史
H24年4月

群馬で研修中。群馬で就農予定。

第15期生
伊藤佑介
H24年6月

群馬で研修中。静岡で就農予定。

第16期生
森上翔太
H24年7月

群馬で研修中。京都で就農予定。


ページの先頭に戻る